泌尿器科menu

  1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 泌尿器科

泌尿器科

泌尿器科はあまり馴染みがなく、具体的にどういうときに受診したらいいのか悩む方も多いと思います。

泌尿器科はお子さんからご年配の方まで、男女問わず「おしっこの悩み・病気」をみる診療科目です。最近は、膀胱炎や過活動膀胱などで来院される女性の方や、尿路結石の若い患者さんが増えています。

また、男性だけにある前立腺の病気も診ることから、男性器に関わるお悩みや病気の診察もしています。慢性前立腺炎などで他院での治療で十分な効果が得られずに、遠方から来院される方も多くいらっしゃいます。お一人で悩まずに、まずはご相談ください。

男女共通の悩み

  • 夜間何度もトイレに行く
  • 尿がすぐ出ない
  • 尿を出し切るのに時間がかかる
  • 尿の勢いが悪い
  • 残尿感がある
  • 膀胱炎がなおらない
  • 健康診断で血尿・たんぱく尿を指摘された
  • 血尿が出る
  • 足がむくむ
  • 腰や背中が痛む
  • 膀胱がんが心配

男性に多い悩み

  • 睾丸や陰のうが腫れた
  • 陰茎、陰のうが痛い・かゆい
  • 亀頭、包皮にできものができた
  • PSA値が高いと言われた
  • ほてる、疲れやすい、イライラ
  • 性機能が低下した など

女性に多い悩み

  • 尿意がすると我慢できない
  • 咳やくしゃみで尿がもれる
  • 下腹部痛(違和感、鈍痛、張る)
  • 排尿痛がある

当院でできる検査

  • 尿検査

    尿の混濁や潜血、蛋白、糖、比重(尿の濃さ)など尿検査から得られる情報は複数あります。
    はじめて受診される方は、まず尿の検査を行っていただきます。

  • 血液検査

    症状に応じて必要な項目を血液検査で調べます。
    排尿障害のある男性ではPSA(前立腺がんの腫瘍マーカー)をチェックすることもあります。

  • CT検査

    CTは、X線装置(レントゲン)とコンピュータを組み合わせたものです。泌尿器関連の検査では、腎臓がん、膀胱がんなどの検査や、腎・尿管結石の診断や経過観察などのために行います。

  • 超音波(エコー)検査

    主に腎・膀胱・前立腺の診察を行うために使います。腎がん、腎・尿管結石、膀胱がん、膀胱結石、前立腺肥大症などの診断ができます。ただ、膀胱を十分に観察するにはある程度(200ccくらい)膀胱内に尿が溜まっている必要があります。

  • レントゲン検査

    レントゲン検査は尿路結石の診断に有用です。
    また血管内に造影剤を注入しながら、腎臓・尿管・膀胱を映しだすこともできます。

  • 膀胱鏡検査

    内視鏡を使って、膀胱~尿道の中を観察する検査です。超音波検査やレントゲン検査では見つけることができない、非常に小さい病変でも見つけることができます。当院では痛みの少ない、最新の軟らかい内視鏡を導入しております。

泌尿器科 よくある質問

腎臓内科と泌尿器科の違いはなんですか?

どちらもおしっこに関わる臓器なので、似ていますね。内科的な腎臓の病気は腎臓内科、外科的な腎臓の病気が泌尿器科です。
泌尿器科は、腎臓だけでなく、膀胱、尿管、前立腺などの臓器も取り扱います。

  腎臓内科 泌尿器科
取り扱う臓器 お薬で治療する腎臓の病気 外科処置が必要な腎臓の病気
膀胱、尿管、前立腺などの病気
関連する病気
  • 腎炎
  • ネフローゼ症候群
  • 腎不全
  • 糖尿病性腎症 など
  • がん(腎臓がん、前立腺がん、膀胱がん、尿管がん)
  • 膀胱、尿管、腎臓にできた結石
  • 前立腺肥大
  • 尿道炎
  • 膀胱炎 など

泌尿器科を受診すると、性器を見せなければいけないのですか?

性器を診察することはほとんどありません。
診察で最初に行われるのは問診です。症状や日常生活についてお伺いします。
その上で、尿検査や血液検査、超音波検査などを行います。痛い検査もありませんので、ご安心ください。

人間ドック・健康診査

CTなど充実した検査機器で、人間ドックを行っています。
定期的な健康チェック、会社の健康診査などご相談ください。

人間ドックの詳細はこちら

地図・アクセスACCESS

〒359-1155
埼玉県所沢市北野新町1-9-7
駐車場:15台

西武池袋線/小手指駅南口より徒歩10分
西武バス/椿峰ニュータウン行き 市民プール入口下車 徒歩2分
小手指駅南口よりタクシーあり

アクセス